« 木村拓哉さんの自宅に空き巣か 東京・目黒 | トップページ | 東芝、512GバイトのSSD量産へ »

サンゴに謎の白い斑点、未知の病気広がる…宮崎・南郷沖

 宮崎県南郷町沖に生息するテーブル状のサンゴに、これまで知られていなかった病気が広がっていることを、沖縄高専の山城秀之教授(サンゴ礁生物学)が確認した。

 直径1メートルほどのサンゴに約1センチ・メートルの白い斑点が多数つき、死にかけているサンゴもあるという。

 病気が見つかったのは、水深5~10メートルの海底に点在するオオスリバチサンゴ。温帯系のサンゴで、国内では宮崎県沖が主な生息域だが、このまま病気が広がると死滅の恐れがあるという。

 病気の原因はわかっていない。地球温暖化が原因とみられる海水温上昇で、サンゴが白化したり、原因不明の病気に襲われたりする例が増えており、山城教授は「今後も監視していく必要がある」と話している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000008-yom-soci

|

« 木村拓哉さんの自宅に空き巣か 東京・目黒 | トップページ | 東芝、512GバイトのSSD量産へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393867/26131279

この記事へのトラックバック一覧です: サンゴに謎の白い斑点、未知の病気広がる…宮崎・南郷沖:

« 木村拓哉さんの自宅に空き巣か 東京・目黒 | トップページ | 東芝、512GバイトのSSD量産へ »