« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

“沢尻の妹”は道産子12歳!

大手芸能プロ、スターダストプロモーションで、柴咲コウ沢尻エリカ北川景子ら のマネージメントを手がける「芸能3部」が主催する「スターダスト芸能3部新人発掘オーディション」の決勝大会が、9月24日(月)に原宿クエストホール で行われた。約1万人の参加者から13人が最終審査に臨み、北海道出身の12歳、長尾寧音(しずね)さんがグランプリ(スターダスト3部賞)に輝いた。

 ゲストの北川景子から花束で祝福された長尾さん。「1次審査のときから全然自信がなくて・・・。賞をいただいて本当にうれしかったです。でもまだ実感が湧いていません」と、とまどいながらも喜びのコメント。

 このオーディションは、8月25日の札幌を皮切りに、全国6か所でキャラバンを実施。参加者全員を面接するというのが特長だった。また雑誌 「Cawaii」ともタイアップ。参加者の中から同誌の専属モデル候補を選出するほか、オーディション会場で、ファッションショーイベントを開催した。

 「Cawaii賞」にはハーフの美少女、クリスプ幸枝さん(14歳)、そしてスターダストグループの「CDC」賞には柘植涼夏(つげ りょうか)さん (11歳)、またオーディション雑誌「月刊デ・ビュー」選出の「デ・ビュー賞」には備前希日(びぜん きはる)さん(12歳)が選ばれた。備前さんは 「『1リットルの涙』を見てから沢尻さんが好きで、将来は沢尻さんのような女優さんになりたいと思っています。沢尻さんも『デ・ビュー』をきっかけに女優 さんになったと聞きましたが、私もこのデ・ビュー賞をきっかけに頑張りたいです」とコメントした。

 柴咲、沢尻などの実績で、新人を育成しブレイクさせることにかけては定評のあるスターダスト芸能3部。今回の入賞者4人にも今から大きな注目が集まる。

芸能3部オーディションをスターダストとともに開催。

http://contents.oricon.co.jp/news/deview/48419/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »